TOEIC受験に向けて
お仕事の関係でこれからはスピーキングもリーディングも出来た方がいいので、
ていうか出来ないといけないので(!)英語を思い出しつつテクニックを身に着けようと思い、
まずは継続的にTOEICを受験することにしました。

今から遡ること3年半、2001年9月に初めて受験した時には何の対策もせずに
まずは現状を真摯に受け止めようとしたわけですが、
解いてる途中でもう駄目だってわかったときの虚しいこと(笑)
リーディングなんてじっくり小説を楽しむくらいのペースでしか読めなかった。
今は読書してるんじゃないってば!とか思いつつ、そのペースは変わることなく。
スコアのあまりの酷さに笑っちゃいました。あっはっは。
洒落にならんスコアだった。もはや学歴すら恥ずかしい。。。

なので、今度はちゃんと勉強してから受けようと思うわけです。
それが当たり前のことなんだけど。。。
で、まずは頭をうまく切り替えないといけないので、
『はじめてでも越えられるTOEICテスト730点突破のルール』
なんかどうかな?って思いました。
最近旺文社が出しているもの。ジーニアスの英和辞典の表紙が紺色で好みでした。
高校のときの問題集もここのだった気がするし。
こういう勘だけは当たるので、あとは努力のみッスよ。

このやる気が漲っているときに乗っかっとかないと、
そのまま楽なほうへ、楽なほうへと流されておしまいなので、
スケジュールを組んだほうがいいっぽいですね。

こうして書いてしまったら後には引けないので、
この調子でいいカンジに追い込んで行こうと思います。
サボりまくってると、ほんっと驚くほど頭がスローになっていて困る。

職業訓練校で学生さんを5ヶ月したけれど、今度は家で学生に戻るぞぅ。
つるつるの脳みそに皺をしっかり刻んでいかなくちゃ。
しゃっきり目覚めるのだよ、ジブン。ファイト、おーぅ。

つい最近TOEICを受験された方、そのときの印象など気づいた点があれば
コメントいただけると嬉しいです!
リーズナブル、なおかつよく出来ている参考書などオススメがあれば是非教えて下さい。

受験はどんなものでもテクニックに尽きる。
でも、TOEICはきっと実践で役立つのでやり甲斐がある。
何とかしたいとぼんやり思っていたことに取り組めることが今とても嬉しい。

中学のときは、日記とともにその日の行動を毎日学校に報告することになっていて、
当時はかなり適当に嘘も含めて書いていたけれど、
今思えば、そうすることで自分の生活が客観的にわかるので、
イッピになることだしこの際欲張りになってみようっと。

頭の中をスッキリさせなくては。
部屋が散らかっていると、頭の回転が悪くなるんですよ。
そうです、今ちょっとえらいことになってます。。。
ほんっと全然違うので、いつも片付いている人は、
試しにわざと一日だけ散らかしてみて欲しいです。
そして翌日頭を使うことをやってみて欲しい。
驚きの結果は是非レポしてください!
[PR]
by limelife | 2005-03-31 21:54 | どれにしよう…?


<< ライヴ#2 父の日を先取り >>