最近更新が滞っていた理由
【はじめに】:長くなるかも長いです。とっても長いです(笑)
まずはいきさつから。。。

お盆の8/14〜15、おじいちゃん家に帰って来た。
初めて私の運転(!)で130km(!!)くらいを最高速度80km/h(!!!)で。
私にとってはかなりな一大事(笑)

15日の帰り道、途中から右足の内腿に痺れを覚える。ずっと続く。
で、家に着いたらバタンキュー。体温36度9分で微熱あり。弱っ( ̄▽ ̄;)

16日も仕事はオフだったので、なるべく一日寝たきりになって休息を心掛ける。
腿の痺れは撮れた代わりに右手の親指が痺れる。ずっと痺れたまま。
体温は36度8分。

そして17日、無理矢理出勤してみたものの、接客するような余裕なし。
頭も仕事モードに切り替わらず、ピンチヒッターを頼んでお休みさせてもらうことに。
手と足のひらが燃えている。引き続き親指の痺れあり。

その足で行きつけの内科クリニックへ。
「どうした?仕事忙しいか??」っていっつも先生は声をかける。
ってことは私のいつもの頭痛やら微熱って今の仕事が原因?
辞めるまで続くってこと??
取り敢えず先生も朝飲んだっていういつもの「ロキソニン」と
ビタミン剤とハイシー25%を処方してもらう。

18日も薬はきちんと飲んでいるのに微熱がちっとも下がらないので欠勤。
引き続き親指の痺れあり。

19日はなんとか出勤してみる。親指の午後から唇が痺れてしゃべるときに違和感。
夕方から熱が上がって来て、首の後ろがじっとり濡れる。薬切れか?
「明日出来ることは明日」だともう出来ない気がして、キリのいいとこまで黙々と頑張る。
薬飲んで寝る前に体温を測ったら37度3分。

20日、イベント準備やら打ち合わせやらで一番忙しい日。
朝イチで日赤の予約を取りに行くことも前の晩考えていたけど、
ギリギリまで様子見をしていたら、親指だけだった痺れが
シャワーしていたら手のひら全体に広がり、肘から下全体に鈍い痺れが。
こりゃ〜なんだかヤバいぞ!ってことで日赤へ。
日赤のカードを入れてたお薬手帳withケースは先日どっかで見たんだけど
こういうときに限って思い出せず保険証だけ持ってゴォ。

何科にかかればいいのか検討もつかないので入り口付近の担当者に委ねる。
すると「取り敢えず微熱があるってことで総合内科へ」って(笑)

というわけで、まずは総合内科へ。
ここで何科にかかればいいのか決めてもらうも、取り敢えず「整形外科へ」って。

待ち時間の間に、右手の肘から下だけだった痺れが右足の裏から始まって
だんだんと上に上がって来て、お尻の両ほっぺまで。
刻一刻と痺れる箇所と程度が変化してゆく。む〜ん。
主に足の裏と手に痺れがある状態で診察開始。

整形外科でトンカチのヘッドが硬い目のゴムのやつで、コツコツしてもらったり押したり。
その都度どう感じるかを的確に伝える(笑)
身体の右側だけビリビリビンケンブン。ヒリヒリヒンケンフン(←これはないな)。
もうね、指でつつーーってやるだけで痺れが追っかけて来る。
本人の痺れている感覚以外に全く異常がないけれど、取り敢えずレントゲンを撮ることに。
全く異常なし。首を後ろから、左横から、そして腰も同様に。
その写真を持ってまた整形外科へ。
すると本件とは関係ないけれど、
私の腰の骨の一番下の第五腰椎は、幼児のときにくっつかないまま
現在に至ったらしいことが判明しちゃった。
これは「えくぼが出るかどうかみたいないわば個性」なんだってさ。なんじゃそら!

というわけで全く異常がないので、あとは確率は非常に少ないけれども
脊髄の欠陥の奇形とかがないかどうか調べるってことで、首と腰をMRIで撮ることに(!)
きたっ、MRI!噂のMRI!!入ってみないとわからないMRI!!!
これがですねぃ、ちょうどおじいちゃん家でヘロシマのヒロシさん(叔父)から
MRIはどうも駄目で大変な思いをしたよって聞かされたばかりで。
ドラム缶みたいなドームに閉じ込められて、
その間ガーガーうるさい音が次々と聞こえるらしい。
ちょうどその日は健康診断の日で予約がいっぱいだったところを
緊急ってことで無理矢理ねじ込ませてもらうことに。

日赤まで車で5分なので、お昼を食べに帰らせてもらうことにして(笑)
玄関をガラガラ(いまどき珍しいでしょう?懐かしい風情プンプン)って開けたら
焼そばが出来たとこでした。サンキュー父。
母は先日第四腰椎が折れてて起き上がれないもので。

で、30分ちょい待ってからいざMRIへ。
ダメ!って思ったら押すブザーを渡されて、撮影箇所を固定されて。
目を開けてしまうと恐いかもなので、中に入る前から目を瞑る。
慣れてきたら結構余裕。中も明るいし。でも一応目は開けず。
結局休憩入れずに2蓮荘やり遂げた。エへッ。

一時間半くらいかかって撮った写真を持って整形外科へ。
全く異常なし。腎臓もとってもきれいだって。
整形外科として出来ることは全てやったけど結局ここじゃなかったって。
神経内科でどういう判断になるかってことで次!
ここも朝の時点で予約がいっぱいだったけどねじ込ませてもらってた。

またトンカチみたいなのでトントン。
もうあとは血液調べるしかないってことで採血してから、
こうなったらあとは頭だけなんで、MRI行っとく?ってことで
またしてもMRIに逆戻り。担当者にも笑われるし(笑)
そしてもうすっかり慣れたドームの中へ(笑)
目を開けてみたらさすがに頭だけに頭の15〜20㎝くらい上にすぐ筒の天井があったけど、
全然平気。MRIになんか慣れても何にもならないんだけどねぃ。

やっと神経内科に戻って自分の番が来たときには、もう18:00をまわっていた。
血液は全く異常なし。腎機能とかの数値もいいって。
頭も異常なし。これで原因となる結果は一個も見つからず。
で、「ロキソニン」を暫く飲むの止めて、
寝る前に痺れを緩和する働きのある安定剤だという「セルシン」を1錠飲むことに。
今度水曜の朝イチにまた受診することに。

やっとこさ会計をすると一万六千円幾らだって。一度でこんなにいったの初めて。
恐るべしMRI。いや、意外と安かった。だって最初に整形外科で
「首と腰で一万三千円ちょいくらいするけどいい?」って言われてたから。
この時点で18:30過ぎてしまってて、近所の薬局がちょうど数少ない
遅くまで開いてるお店だったので、ゴォ。
四百円也。オマケにドリンク剤をいただいた。
儲けにならないじゃん、駄目だよおばちゃん。。。(涙)

っていう長〜い一日とその前の数日間だったのだった。
もう既に職場のほうは日曜の仕事の代理を立てたってことでホッ。

そう言えば今夜はOT始球式@市民球場じゃん!ってことでギリで帰還。
「え?もう2回表(だったか裏)?!」
無情にも中継の前に始球式は終わってた。ガックシ。
オフィサイトでスケジュールを再チェック。
すると「コメント出演あり」だったのでチャンネルを死守して晩ご飯の用意。
う〜ん、音声がボケボケしてたんで、聞き取るのが大変だった。
中継最後にカープ逆転されて放送終了(笑)

で、土日もゆっくりしてたのに、本日23日月曜はちゃんとお弁当も作ったのに
行く直前に右手がフルフルして行くのやめちゃった。
もうこの仕事無理だと判断した。やり甲斐もないし。商品に魅力もないし(笑)
どこで働いても時給は同じだしね。さて、派遣元に切り出さないと。

長い長〜い文章を読んでいただいちゃってどうもでした。
大丈夫、今の仕事辞めさえすれば治るから(笑)
多分、私がそこに居ても学ぶものはもうとっくにないし、
会社の為にはなっても私のためには決してならないのに、
いつまでも辞めないからこうなっただけのこと。
♪さよなら〜さよなら〜なよなら〜あぁ〜〜
[PR]
by limelife | 2004-08-23 16:17 | ライムニュース


<< 2004.8.23の空 ダメだった。。。 >>